top of page
検索
  • Chocolate Editor

HUGO&VICTOR

行ってまいりました!

10月7日に新宿伊勢丹にオープンした『HUGO&VICTOR(ユーゴ・エ・ヴィクトール)』の日本初ショップ!

外観はこんな感じ。



このロゴを日本で見る日が来るなんて!感動!

ユーゴ&ヴィクトールと言えばブック型のボックス。

でもこれはチョコレートでできたケーキ!わわわ!



でもお値段もわわわの10584円!!

さてさてショコラは……



あれ?

カラフルなドーム型がない……。

店員さんに確認したところ、現在入ってきているのはプラリネのアソートボックスとタブレット2種、季節限定の3種のボンボンだけで、ドーム型ショコラは11月中旬に入荷予定。

ただ詳細は未定で入荷する数はかなり限定的になりそうとのこと。

これはやはり今月末のパリで買ってくるべきかな。

うーん。せっかく日本で買えるようになったと思ったのに。

今回はショコラは諦めて、フィナンシェとケーキを物色。



フランスの新聞「ル・モンド」で1位に選ばれたというフィナンシェ。

1月のサロン・デュ・ショコラでも人気でしたね。


オープンの広告に使用されていたピンクグレープフルーツのタルト!

バラの花みたいで鮮やかで綺麗!



チョコレートケーキも気になりましたが、ケーキの定番ショートケーキと、ピンクグレープフルーツのタルトを購入して家で試食。

意外にもショートケーキが特徴的でした。

見た目は普通のショートケーキなのですが、スポンジ生地がフィナンシェのようなんです。

柔らかいのですが、ギュッと目が詰まってもっちりとして重い感じ。

そして外側のデコレーションは生クリームなのですが、間にカスタードクリームが挟まれていて、このWクリームがこの不思議な重さを持つ生地に負けない存在感を出してます。

ふわふわっのショートケーキが好きな人にはちょっと重いかもしれませんが、一味違うショートケーキをお探しの方は是非。

こちらのショップは期間限定で、来年3月以降のことはまだ何も決まっていないそうなんです。

意外と短い……。

5つの季節のショコラを食べるまで、せめて1年はいてほしい。

ということで、お店に通い売り上げに貢献したいと思います。

閲覧数:2回0件のコメント

Commentaires


bottom of page