top of page
検索
  • Chocolate Editor

ALBAN GUILMET/SABLE GIANDUJA

更新日:1月7日

Alban GUILMET(アルバン・ギルメ)

🍫Sable Gianduja(サブレ・ジャンドゥーヤ)

 



昨年までは円形だったが、今年から六角形に変更されている。

 



チョコレートのパレ、ヘーゼルナッツのジャントゥーや、サブレの3層に仕上げられたサブレ。

上層はツヤのあるビターチョコレートに黄色の文字でロゴプリントされた薄いパレ。

中層はヘーゼルナッツのジャンドゥーヤ。

下層はサブレ。



ナッティーで甘いジャンドゥーヤの香りに、香ばしいバターが香るサブレの香り。

三層になっているが、全体の一体感があり、崩れることはない。

口に入れると、サクサクのサブレの香ばしい歯応えに、ねっとりとしたジャンドゥーヤが最初に感じられる。ジャンドゥーヤは甘味がしっかりとしていて濃厚だが、ヘーゼルナッツの香ばしさがしっかりと感じられる。表面に薄くコーティングされたビターチョコレートと、塩味の利いたサブレがジャンドゥーヤの甘味を和らげ、香ばしさと食感を加えて、食べ応えと満足感を与えてくれる。


ジャンドゥーヤが全体の主役となっていて、甘味はかなり強めで、濃厚さがあるが、サブレのザクザクとした心地好い食感と塩味のミネラル感が、食べるたびに折り重なるように強く感じられるようになり、複雑で奥行きのある味わいが生み出されている。甘味が強く、甘味も折り重なっていくので、やや甘すぎではと思うところもあるが、サブレが軽いのでジャンドゥーヤの濃厚さを和らげ、バランスがとられているように感じる。1枚でしっかりとした満足感がある。


人気が出るのもわかる。


アルバン・ギルメのスペシャリテはカリポムだが、そちらはサブレとカルヴァトスのジュレをビターとミルクのチョコレートでコーティングしたもの。この方は、サブレとチョコレートの組み合わせが得意なのだと感じさせてくれる。


閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page