top of page
検索
  • Chocolate Editor

Artichoke Chocolate/Artichoke Collection-Thailand-

Artichoke Chocolate

清澄白河のBean to Barショコラトリー「アーティチョーク チョコレート」。

チョコレートだけでなく、生産者、素材、その国ならではのフードや文化を大切にする味わいがあるショコラトリーです。


蓮根や目玉焼きなど、リアルな造形が可愛いショコラも多いですが、今回はその時々でショコラティエが旅し、触発された食文化を基に作られている旅するチョコレートシリーズの「タイ編」です。



Artichoke Collection-Thailand-

旅するチョコレート タイ編



トムヤムクン

赤色のしずく型。

トムヤムクンのスパイシーな香り。

シェルはビターチョコレートでパリリと割れる。

中はホワイトチョコレートベースで赤色をしたトムヤムクンのガナッシュ。

口に入れると一気に辛味が広がる。チョコレートの中からここまでの辛味が感じられるとは。唐辛子の辛味の中から、レモングラス、エビ、こぶみかんの葉、ジンジャー、セロリ、パクチー、ココナッツなどを、複雑でスパイシーな風味が次々と湧き上がる。まさにトムヤムクン!なめらかでさっくりとしたガナッシュは、口溶けがよく、辛味はすぐに消え、後味にはミルクチョコレートの甘さと、ほんのりとしたトムヤムクンの風味が余韻に残る。


タマリンド

オレンジ色のしずく型。

プラムのようなフルーティさと、ほんのりとした梅の香り。

シェルは薄くパリリとしたミルクチョコレート。底はビターチョコレート。

中は2層になっていて、上層はタマリンドのコンフィチュール、下層はミルクチョコレートベースのタマリンドのガナッシュ。

口に入れるとタマリンドの甘酸っぱい風味が広がる。やや固めのコンフィチュールの食感と、さっくりとした口溶けの良いガナッシュの食感のバランスがそろっていて、一体感がある。ナチュラルな甘味とチョコレートの香ばしさのバランスがよく、ほどよい酸味が心地好く後味に残る。


マンゴースティッキーライス

黄色のしずく型。

マンゴーのトロピカルな香りと、米の甘い香り。

シェルは薄くパリリとしたビターチョコレート。

中は2層になっていて、上層はマンゴーのジュレ、下層はホワイトチョコレートベースのもち米のガナッシュ。

口に入れるとミルキーな甘味のある風味が広がる。もち米のガナッシュは、粒粒とした食感を残し、甘酒のような甘味と不思議な食感。香ばしいフランスパンのような風味もある。そのあとからマンゴーのトロピカルな風味が広がり、最後にビターなチョコレートとほんのりとした米の甘味が残る。


グリーンカレー

黄緑色のしずく型。

パリリとした薄いビターチョコレートのシェル。

香りはグリーンカレーそのもの!スパイシーさと、ほのかにココナッツの甘味のある香り。

中はホワイトチョコレートベースのグリーンカレーのガナッシュ。

口に入れると一瞬ホワイトチョコレートの甘さを感じた後に、グリーンカレーのエキゾチックなスパイシーな辛味が沸いて広がる。独特のグリーンカレーの風味の中にレモングラス、こぶみかんの葉、ココナッツの甘味、ほんのりとチキンの風味まで感じられる。チョコレートでここまで表現できることに驚かされる。さっくりとした食感で口溶けのよいガナッシュは、ふんわりと溶けていき、辛味はすーっと消えていく。グリーンカレーのコクと風味が余韻に残り、グリーンカレーを食べて、デザートにチョコレートを食べた後のよう。もう一度食べたくなる不思議な魅力。


ガパオ

緑色のしずく型。

シェルはパキパキとした薄いビターチョコレート。

香りは、バジルの青味とスパイシーな香り。

中はビターチョコレートベースのガパオのガナッシュ。

口に入れるとバジルの風味が広がる。そして徐々にスパイスの風味が広がっていく。他のものに比べると、これだけガナッシュ、シェルともにやや食感が固い。シェルはシャリシャリとした食感を残し、さっくりとしたガナッシュもゆっくりと溶けてく。スパイスの中に味噌のようなコクを感じ、その中で何度もバジルの風味が湧いてくる。ガパオらしさは薄いが、チョコレートとしては独自性のある味わいと独特のアジアらしさを感じる。


サワロット

茶色のしずく型。薄く紫色の模様がつけられている。

サワロットとタイ語でパッションフルーツのこと。

パッションフルーツのエキゾチックなフルーティーな香り。

シェルはパリリと割れる薄いミルクチョコレートで、底はビターチョコレート。

中は2層になっていて、上層はトロトロのパッションフルーツのコンフィチュール。両端に薄くミルクチョコレートベースのガナッシュ。

口に入れて驚く。パッションフルーツの種!バリバリとした食感。リアルなパッションフルーツというには甘味がしっかりとしているが、チョコレートにパッションフルーツの種入りのコンフィチュールは初めてで、想像していなかった。たっぷりとしたコンフィチュール対して、薄いミルクチョコレートのガナッシュが、パッションフルーツの酸味を抑えてマイルドにしつつも、風味を消しすぎずに独特の食感を引き立てている。パッションフルーツの余韻が長く続く。




閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page