top of page
検索
  • Chocolate Editor

MAISON CACAO/MARCI

コロンビアで自社農園、自社工場を持ち、カカオの生産からチョコレート製造までを手掛ける「メゾンカカオ」。

カカオからクーベルチュールまではコロンビアで製造し、代表でカカオ・ディレクターである石原氏が全国で栽培されている素材を厳選してチョコレートと合わせ、地元である神奈川県でアロマ生チョコレートに仕上げている。


MAISON CACAO メゾンカカオ

MARCI  アロマ生チョコレート メルシー/バラ



ローズは以前も作られていましたが、今年は母の日に合わせて限定復活していました。

(ここのアロマ生チョコレートは、商品名とフレーバーがたまに変わるので注意が必要。)


水耕栽培で丁寧に育てられたオールドローズの肉厚の花びらを贅沢に使用して、ジャムにした後で、ビターチョコレートと合わせ、生チョコレートにしています。



メゾンカカオのアロマ生チョコレートの良さは、なんといっても口溶け。

欧米人に比べ、日本人の唾液量は少ない傾向にあります。チョコレートを食べた時も同様なため、日本人に合わせて、チョコレートの水分量をギリギリまで上げて作られています。



ビターチョコレートの香ばしくビターな香り。

口に入れるとふわりと酸味が広がり、なめらかに口溶けていきます。ローズの香りが自然と広がり、ビターチョコレートに負けないフローラルな風味と、ベリーのような甘酸っぱい風味が広がっていきます。


ローズの風味はそれほど強くなく、ベースとなるコロンビア産ビターチョコレートのベリーの風味が活きています。


ナチュラルなローズの味わいは、もう少し強くあってもという気がしなくもないですが、チョコレート自体のフルーティーさが強くあるため、味わいが薄いわけでは決してなく、濃厚で、MAISON CACAOだけのローズの生チョコレートに仕上がっている。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page