top of page
検索
  • Chocolate Editor

minimal bean to bar chocolate/nama-chocolate




東京・富ヶ谷にあるBean to Barショコラトリー、「ミニマル ビーン トゥ バー チョコレート」。


カカオの風味を味わえるように、カカオの粒を意図的に残し、ザクザクとした食感のチョコレートに仕上げているのが特徴。。


タブレットメインのショコラトリーですが、フランスのMOFショコラティエの下で修業された方が加入し、カカオの風味を楽しめるように作り上げたという生チョコレート。

(※期間限定販売のためすでに終売)


「生チョコレート」

コーヒーのようなロースト感とナッティーな香りと、シナモンのようなスパイス香。 生チョコレートにしてはやや硬めの食感だが、口に入れると徐々にほどけていく。 酸味の強めなフルーティーなコーヒー、シナモンのようなスパイス、こっくりとふくよかな甘味を含んだナッティーな風味が順に現れる。 甘さは控えめで、クリーム感も弱め。普通の生チョコレートとは一線を画し、カカオを味わうための生チョコレートなのだと感じさせてくれる。

それは食感からも感じられ、いわゆる生チョコレートよりは食感が固く、表面にカカオパウダーがかけられているが、これがあまり溶けずに残る。ほんのりとした渋味とともにパウダリー感が後味にも残るが、それによって、よりカカオを深く味わわせてくれるように長く楽しめる。





閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page