top of page
検索
  • Chocolate Editor

YASUHIRO SENO/PEEL CHOCOLAT

神戸・三ノ宮から、東京・自由が丘に移転してオープンした「ヤスヒロセノ」。

神戸の頃に比べると、店内は少し小さくなった気がしますが、工房はかなり広くなったようです。



プラリネのおいしさには定評がありますが、私のおすすめは何と言ってもピールショコラ。

柑橘のコンフィが絶品です。

厳選された果物と、丁寧に時間をかけて作られたコンフィは、肉厚でありながら柔らかく、果肉のような瑞々しさがあります。


今年は特に伊予柑の出来が良いということで、伊予柑と、同時期に販売されていた柚子をいただきました。



ビターチョココーティングが伊予柑ピール、ミルクチョココーティングが柚子ピール。



伊予柑ピール



シェルはかなりビターめのチョコレート。さっくりと割れる。

口どけはよく薄く、伊予柑の香りをたっぷりと吸い込んでいる。



伊予柑のコンフィは、ゼリー状に柔らかく、もっちりとした食感。伊予柑の皮というよりも果肉を食べているようなジューシーさがある。それでいて、ピールのほのかな苦味を残し、強すぎない甘味。これだけのものを作る手間暇を思うと気が遠くなる。



チョコレートと一緒に食べることで、ブラウニーのようにチョコレートに香ばしさが感じられる。ドライフルーツのように濃厚に閉じ込められた伊予柑のコンフィが、チョコレートに包まれて、苦味が消され、その中で優しい伊予柑の贅沢な味わいを放つ。形が異なっていたら、中身はピールコンフィではなく、パート・ド・フリュイだと思ってしまいそうなほど、果汁感と柔らかくもっちりとした食感。

チョコレートに負けてしまっている部分があるので、もう少しチョコレートを薄くするか、味わいの近いチョコレートをシェルにした方がよかったかも。



柚子ピール



シェルは甘めのミルクチョコレート。さっくりと割れる。



ミルクにマスキングされているものの、中盤からふわーっと柚子の風味が広がっていく。

もっちりとしながらも、しっかりと歯ごたえのある柚子ピール。



噛むとふわりと柚子が出て、まず甘味が出て、ゆっくりと花開くように、中盤から柚子ピールらしい苦味や渋味がほのかに現れる。すっきりとした酸味と心地好い甘味。

チョコレートと一緒に食べても、じゅわっとしたピールの食感を感じられる。ミルクチョコレートの口どけが早く、先にミルクの甘味が出てくるが、その中からゆったりと柚子の風味が開いていく。しゃっきりとした柚子ピールは存在感があり、ミルクチョコレートの甘味の中でも柚子の主張を感じる。余韻になってから、ミルクと柚子のバランスが変わり、柚子の酸味のある味わいがすっきりと残る。


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page