top of page
検索
  • Chocolate Editor

OCCITANIAL/STIPHANE TRIAND

Occitanial オクシタニアル

Stiphane Triand スティファン・トレアン


2008 年、神谷町にできたパティスリーに、まるで美術館のように飾られたピエスの芸術性に吸い込まれるように入って出会った「オクタシニアル」。

ディスプレイに並べられた輝く宝石のようなケーキたちと、WPTC受賞の文字。

今まで出会ったケーキの中で、最も美しく、最も繊細で、最も美味しいと、長らく私のお気に入りNo.1として、お持たせに欠かせないパティスリーでした。

リニューアルオープンのためと閉店してしまい残念に思っていましたが、あれから3年……オクタシニアルがようやく東京に戻ってきました!

あの美しく、美味しいケーキたちをまた食べられると期待していたのですが、どうやらパティシエが変わってしまったようで、あのケーキには出会えないらしい。(もともとのパティシエさんは彦根でパティスリーを開店されたそうなので、そちらにも是非足を運びたい。)

それでもフランス国家最高職人の称号「MOF」をもつスティファン・トレアン監修ということは変わりないので、新しいオクシタニアルを食しに水天宮まで行ったものの、夕方16時では時すでに遅し……。カフェは満員、ケーキは売り切れで、食べられませんでした。無念。

というわけで、今回は毎年バレンタイン・シーズンに限定で販売されるショコラ、2008年WPTC優勝作品のご紹介。



フランス国家最高職人「MOF」の称号をもつスティファン・トレアンが監修するパティスリー「オクタシニアル」。

神谷町にショップがあった当時、その美しくて美味しいお菓子の虜になりました。

冬季限定で販売されていたショコラも美味しかった記憶があったので、バレンタイン限定で販売されたこのショコラを楽しみにしていましたが、少々期待外れだったかも。

神谷町のショップでショコラを購入したのは5年近く前なので、記憶が変わってしまったのか、味が落ちてしまったのか……。

以前はショコラの種類もたくさんあったので、他のボンボンならと思ったのですが、新しくオープンした水天宮にはショコラが販売されていませんでした。他のショコラをもう一度食べたい。


今回のショコラは2008年WPTCで、チームUSAに所属したスティファンが受賞した優勝作品『シグナチュール』。(フランス人でもチームUSAで出場できるんですね??) ティーシーノ(八角)やマスカルポーネなど、ボンボンとしては奇をてらった食材や、意外な組み合わせで独特の存在感を出しています。




しかし、日本人の味覚からすると、その独特な風味にクセを感じてしまうかも。個人的には、オクタシニアルのフルーツのフレッシュさをそのまま閉じ込めたようなケーキやお菓子のファンだったので、そういった方向のショコラを食べたかった。




①Fraise mascarpone フレイズ マスカルポーネ

(ストロベリージュレとマスカルポーネガナッシュの組み合わせ)

全体にラインの入ったドーム型に近いモールド型ショコラ。ツヤのあるブラックチョコレートがベースで、頂点は赤いけれど下に行くほど黄色から深緑へとグラデーションになっている。ストロベリーの甘酸っぱい香りと、マスカルポーネの独特の甘い香り。外側のブラックチョコレートは薄く、中は上層がストロベリーのジュレ、下層がホワイトチョコレートのマスカルポーネのガナッシュになっている。どちらもリキッド状まではいかないが柔らかく口どけも早く舌触りなめらか。後にチョコレートが残る感じ。甘酸っぱいジュレは素材の味が活きているが、クセのあるマスカルポーネを組み合わせ、さらにチョコレートの中に入れ込んで負けないようにするために、全体的に大味になってしまった感がある。甘みが強い。

②Praline spaicy vanille プラリネ スパイシー ヴァニーユ

(ティーシーノで香りづけしたスパイシーなガナッシュとプラリネの組み合わせ)

ツヤを抑えたブラックチョコレートの正方形に、レモンピールが対角線上に乗っている。ティーシーノ(八角)の独特のスパイシーな苦みのある香りと、どこかミルキーな甘い香りがする。外側のブラックチョコレートはとても薄い。中は、上層はティーシーノのガナッシュ、下層はプラリネになっている。最初はプラリネの芳ばしい風味が広がり、その後独特のティーシーノの風味が広がる。プラリネはナッツの極小さな粒が残されていて、甘みが強い。ガナッシュは甘みも強いがティーシーノの独特のクセのある風味が強く、そのスパイシーな風味に消されている感じ。口どけも良く舌触りもなめらかで、上に乗ったレモンピールが歯ごたえを与えている。甘みは強いがティーシーノの風味とレモンピールですっきりとした後味になっている。しかし、やはり独特の風味は好き嫌いが分かれそう。 

③Caramel Noisette Exotique キャラメル ノアゼット エキゾチック

(ヘーゼルナッツ風味の南国フルーツキャラメル)

ラインの入ったひし形のような形。ツヤのある深い赤色にラメが施されたミルクチョコレート。マンゴーのようなフルーティな香りと甘いキャラメルの香り。中はザラ感を残したフルーツのキャラメル。リキッド状で、マンゴー、パッションフルーツ、グアバも入っているかも。フルーティで美味しいが、ザラ感のせいかクリアな風味ではない。キャラメルの中になぜかヘーゼルナッツの粒が入っていて、これがフルーティなキャラメルにくもりを与えている気がする。外側のミルクチョコレートは甘く、甘酸っぱいキャラメルと相性がいい。

Occitanial

〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-39-7

TEL:03-5645-3334

営業時間: 10:00~19:00(L.0. 18:30)

定休日:不定休

公式サイト:http://occitanial.jp/

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page