top of page
検索
  • Chocolate Editor

PIERRE MARCOLINI

ベルギーに来たからにはここに行かねばとやってきたのは、ブリュッセルにある『Pierre Marcolini(ピエール マルコリーニ)』の本店です。

グランプラスから徒歩20分ほどのサブロン広場にあります。

この広場周辺はベルギーのショコラトリーがたくさん集まっていて、『ピエール マルコリーニ』の向かいには、『GODIVA(ゴディバ)』、その奥には『ノイハウス』(車が止まっているところの奥です)。

少し離れたところに『WITTAMER(ヴィタメール)』があります。

その中でも一際重厚で、高級感がある石造りの建物の1階と2階にあるのが、『ピエール マルコリーニ』の本店です。

ウィンドウもファッショナブルで洗練されたモノトーン。

店内もモノトーンでシンプル。余計なものがなく、洗練された雰囲気です。

1階はマカロンや焼き菓子などが並んでいます。

壁側にも棚があり、ショコラが飾られています。

2階へ上がる階段には、黒い壁に白い指差しモチーフの矢印。お洒落です。

海外だと、1階=地上階=0階となり「ground floor」。1階が日本でいう2階=「1st floor」となります。

いよいよショコラのフロアです。

窓が大きく、自然光がいっぱい差す明るい店内。

余裕のある広々とした空間い置かれた円形状のショーケースにはボンボンが飾られ、ケースの反対側には、ショコラショー用のショコラや、ショコラティーの茶葉などもありました。

ショーケースの下にはお買い物かごが置かれています。

みなさん大量に買って行かれるのでしょうね。

壁には一面タブレット!

観光客らしき方々もたくさん買いに来ていましたが、広々とした空間でゆったり、じっくり楽しむことができました。

ベルギー王室御用達のショコラトリーとは一線を画し、洗練された独自性を打ち出す『ピエール マルコリーニ』。

長年第一線で活躍していても飽きられないその魅力は、カカオティエとしての先駆者である先見性と、シンプルに素材そのものを味わえるようにする技術と職人性、そして高級ショコラトリーの中でも独自のブランディングを確立するマーケティング力でしょうか。

ビジネスマンとしての優秀さも感じられます。

Pierre Marcolini

SABLON

Rue des Minimes1,Place du Grand Sablon,1000 Bruxelles

営業時間:月-木10:00-19:00 金-土10:00-20:00 日10:00-19:00

TEL:+32(0)2.514.12.06

日本公式サイト:http://www.pierremarcolini.jp/

EU公式サイト:http://eu.marcolini.com/


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page